サヒメル科学探検隊

お問い合わせは0854-86-0500まで

活動報告

第1回活動 サヒメル探険と4,000年前の昆虫を探そう

概要

日  時 2018年5月20日(日) 10:00~16:00
活動場所 三瓶自然館サヒメル
参 加 者 12名(2名欠席)
活動内容 今年度最初のサヒメル科学探険隊の活動。最初にサヒメル科学探険隊の任命式を行い隊員証を受け取り、スタッフと隊員の自己紹介の後、午前中は館内でのワークシートを行いました。その後バスに乗り三瓶小豆原埋没林公園に出かけ、三瓶山の噴火で埋もれた木の様子や発見までの経緯について学びました。午後からは埋没林で採取された土から、噴火で埋もれてしまった生きものを調べました。最後に今日の探険隊の活動を活動日誌にまとめ、感想を発表しました。

活動報告

10:00~10:30 始まりの会
第1回の活動開始です。皆木隊長の開会のあいさつの後、最初にサヒメル科学探険隊の任命式を行いました。隊長からみんなに隊員証を1人ずつ配布し、正式に今年度の隊員になりました。
その後、サヒメル科学探険隊を担当するスタッフの紹介と探険隊の活動目的などをお話した後、隊員みんなが1人ずつ自己紹介をしました。住んでいる場所はちがいますが、みんな自然や科学が好きな子どもたちであることは一緒です。特に今回は生きものが好きな隊員が多いようでした。

IMGP7304P5204482

 

10:30~11:00 探険隊ワークシート
まずは館内での活動です。本館の展示に関連したワークシートを3つの班に分かれて、挑戦しました。初めて顔を合わせる人たちとの活動でしたが、展示を見て話し合いながら問題を解くことができ、終了時間前にはすべての班が全4問解き終わりました。最後に答え合わせをして動物や昆虫の特徴について学びました。

P5204490P5204497

 

11:00~12:15 三瓶小豆原埋没林公園の見学
サヒメルからバスに乗り、10分ほど山を下った場所にある三瓶小豆原埋没林公園を見学しました。埋没木はサヒメルにも展示がありますが、ここは発掘された現地となり、たくさんの埋没木が並ぶ迫力ある展示が見られます。公園のスタッフである大野さんに埋没林が埋もれていた様子とその理由、現在の展示と保存について話をうかがいました。地下10mに4,000年前の三瓶の森が保存されていたことに、みんな驚いた様子でした。

P5204499IMGP7329

 

12:20~13:05 昼食休けい

13:05~14:45 4,000年前の土から昆虫を探そうP5204511
午後の活動開始です。埋没林では4,000年前に埋もれた巨木だけでなく、他にも葉やコケ、昆虫なども土の中から見つかっています。これまでの調査で見つかったものを紹介した後、埋没木の発掘に合わせて採取された土から当時の生きものの遺物を探しました。土の中から見つけたものの多くは木(スギ)の枝や根、樹皮でしたが、何かの葉の一部を見つけている人もいました。また土の中には石が少なく、ほとんどが粘土質の黒い土であることに気づいたようでした。

P5204526P5204525

 

14:45~15:00 サヒメル周辺で自然観察
少し時間ができたので、サヒメルの外に出てこの季節に周囲で見られる生きものを観察しました。短時間でしたが、ムネアカオオアリの女王アリやキアシドクガの幼虫とサナギの観察、アリジゴク、ヤマトシロアリなどを見つけました。またカナヘビを捕まえている人もいました。実際に見つけて、触れたりした体験がよかったようです。

 

15:00~15:30 活動日誌をかこうP5204488
今日1日に活動した内容を活動日誌に記入しました。体験したことや学んだ内容を文章にまとめ、記録することも大切な探険隊の活動です。また活動した内容で印象に残ったことを感想を記入し、発表してもらいました。
最初は慣れない作業かもしれませんが、これからも活動の度に活動日誌に記録します。文章にまとめたり、人に伝えたりする作業も頑張って取り組みましょう。

 

次回の活動は6月24日(日)です。次回の活動に関する課題も出ていますので、第2回の活動日までに準備して来月の活動に備えましょう。次回のご参加もお待ちしています。

第2回の活動日 6月24日(日)10:00~16:30
集合場所:レクチャールーム

第5回活動 お札の特徴を観察しよう/活動発表会

概要

日  時 2017年11月5日(日) 10:00~16:00
活動場所 三瓶自然館サヒメル
参 加 者 18名(4名欠席)
活動内容 今年度の探険隊最後の活動です。午前中はお金をテーマに、500円硬貨と千円札を観察し、偽造防止のためのさまざまな特徴や細かな構造について学び、ルーペなどを使って観察しました。午後からは、今年度の探険隊の活動の総括として、1人1人が最も印象に残った活動を1つ選び、新聞形式で内容をまとめ保護者の前で発表しました。最後に三瓶自然館の龍副館長から一人ずつ探検隊の修了証書を受け取り、全5回の活動を終了しました。

活動報告

10:00~10:30 活動開始、課題発表
PB053870
 第5回の活動開始です。今日の活動のテーマ、お金について事前に出していた課題を発表してもらいました。硬貨と紙幣では、作製と発行先がそれぞれ異なっていること、硬貨の材質について学びました。
また、現行のお金の中でもあまり流通していない2千円札は、隊員も見たことがなくスタッフが用意した2千円札を今回初めて見たという人も多くいました。

 

10:30~11:20 お金の特徴を観察しよう①

PB053872 最初に、お金が私たち個人にとっても国や社会にとっても重要なもので、偽造したり使用すると、重罪になることを学びました。その後、偽造防止のための500円硬貨の特徴について観察を行いました。硬貨の中で最も金額の高い500円硬貨には、簡単に偽造できないように高度な技術や加工が施されています。どんな特徴があるのか隊員に発表してもらうと、知っていることや観察して気が付いたことについて、たくさん発表がありました。傾けると文字が見える光の反射を利用した潜像加工、細かな線や点で作られた微細線、微細点加工、斜めギザなど数多くの特徴で、偽造をしにくくしていたり、偽物との見分けができるように工夫されていました。特に細かな特徴についてはルーペを使い、実際に観察を行いました。

 

11:20~12:20 お金の特徴を観察しよう②
 続いてお札の特徴を観察しました。千円札にも偽造防止のための特徴がたくさん隠れています。まずは隊員に、千円札でも特徴を探して発表してもらいました。目の不自由な人向けに触れて区別できるようインクが盛り上がるよう印刷していること、肖像画の微細な線画、透かし、傾けると見える潜像や紫外線で光るインクなど多くの高度な印刷技術や特殊なインキで作られていることに気づくことができました。また、肉眼では見えないような小さな文字もお札のあちこちに散りばめられていて、ルーペで探したり、より小さな隠し文字は実体顕微鏡で観察したりと、普段使っていても気づかないような特徴も知ることができました。

PB053879PB053886

 

PB053900PB053885

 

12:20~12:40 活動日誌をかこう
 予定より少し早くなりましたが午前中の活動をまとめ、活動日誌にその内容と感想をまとめました。感想では、日頃何気なく使っているお金には思っていたよりさまざまな特徴があったこと、よく探さないとわからないような微細な構造を発見したこと、他のお札の特徴も見てみたいなど、さらに関心をもつことができたようです。
 

12:40~13:20 昼食休けい

13:20~15:00 探検隊新聞をつくろう
 ここからは、今年度の活動のまとめとして探検隊新聞を作ります。まず、みんなが各自で1年間の活動で印象に残った、報告したい活動内容を1つ選び、その活動の概要や体験したこと、自分でわかったことなどを3枚のワークシートにまとめました。その後ワークシートで書いた内容を、1人1枚A3の用紙に新聞の形式でタイトルや見出し、記事の内容を清書して完成させました。
 発表の直前まで新聞作成に取り組んでいた人もいましたが、早くできた人は発表の予行演習を行っていました。
 この後、発表の順番を決め、ボードに掲示して発表の準備ができました。

PB053903PB053905

 

15:00~15:30 探検隊新聞発表
 ここからは、普段は直接活動を見ることがない保護者の方を前にして、今年度の活動の活動の報告を1人1人行いました。発表内容に選んだテーマは火力発電所の見学、放射線の観察、風力発電、今回のお金の観察などさまざまでしたが、活動したこと、気づいたことや学んだことを自分なりにまとめて発表しました。発表前はみんな緊張した様子でしたが、学んだことを思い出しながら、一生懸命発表を行いました。

PB053907PB053912

 

15:30~16:00 修了証書授与、今年度の活動終了
PB053921 修了証書の授与を行い、三瓶自然館の龍副館長から1人1人に手渡しました。これをもって今年度のサヒメル科学探険隊の活動、全5回はすべて終了しました。隊員の皆さん、1年間お疲れさまでした。
 サヒメル科学探検隊での活動を通じて、みんなが自然や科学にこれまで以上に興味もち、今後も積極的に自然科学の仕組みや不思議に関心をもって取り組んでいただけると嬉しいです。 また疑問に思うことや知りたいことがあれば、いつでも三瓶自然館サヒメルに来てください。スタッフのみんなでお待ちしています。

 

PB053947

第4回活動 自然界の放射線を調べてみよう

概要

日  時 2017年10月22日(日) 10:00~16:00
活動場所 三瓶自然館サヒメル、池田ラジウム鉱泉(大田市三瓶町池田)
参 加 者 17名(5名欠席)
活動内容 今回は放射線について学ぶ活動です。まずは放射線とは何かについて学んだ後、サヒメルからバスに乗って、三瓶山にある池田鉱泉に出かけ、湧き出ている水を採取しました。その後サヒメルに戻り、くんできた水やサヒメル内で放射線量を測定したり、霧箱という観察装置を使って、放射線の軌跡を肉眼で観察し、身近にも放射線が存在することを学びました。自然観察ではヤマボウシを観察しすでに来年花や葉になる芽ができていることを学びました。

活動報告

10:00~10:30 前回の活動報告
PA223730 第4回の活動開始です。最初に前回の三隅火力発電所での活動について、参加者に感想を発表してもらいました。発電所の規模の大きさや構造に驚いたり、燃料の石炭が専用の船で外国から運ばれてきていること、排出する煙からも粉じんを取り除き、石こうなどの材料として利用されていることを知ったなど、発電所で行われていることについて、知らないことも多く学ぶことができました。

10:30~12:00 自然界の放射線調べ①
 ここからは、今回のメインテーマである自然界の放射線について学習です。講師はサヒメルの矢田猛士研究員です。まずは放射線について、関連すると思う単語をみんなに発表してもらいました。すると、ニュースなどで見たり聞いたりした言葉を中心にたくさんの単語が集まりました。みんなの関心の高さがうかがえましたが、中には負のイメージの言葉もありました。その後放射線を観察するため、放射線を測定できる放射線測定器がみんなに配られ、測定方法を学びました。測定するとサヒメルの室内でもわずかに放射線が検出されることがわかりました。
IMGP5341IMGP5343
 その後、サヒメルから20分ほど離れた場所にある池田ラジウム鉱泉にバスで出かけ、湧き出た水の採取と周辺での放射線を測定しました。台風の接近によりあいにくの雨でしたが、現地で測定するとサヒメルよりも少し高い測定結果となりました。
 矢田研究員からは、ラジウム鉱泉では水の中にラドンという元素が含まれるため、放射線が高くなると説明を受けました。

PA223747IMGP5347

 

12:10~13:00 昼食休けいと館内の放射線の測定

IMGP5358

 サヒメルに戻って後、予定より少し早く昼食けいに入りました。
 昼食を食べ終えた人から、放射線測定器を持ってサヒメルの館内をまわり、展示室やそれぞれの展示物の放射線の測定をしました。色々な物を測定してみると、展示していた化石でやや高めの数値が出ました。

 

 

13:00~14:40 自然界の放射線調べ②
 午後からも矢田研究員による放射線を学ぶ活動です。放射線と言っても、放射線にもいくつか種類があること、午前中に測定器で測定した放射線はガンマ線という放射線であることを学びましたが、今度は霧箱実験という別の手法で放射線のアルファ線とガンマ線を観察しました。
 まずは霧箱を準備します。エタノールやドライアイスを材料に容器の中で放射線が通過した跡を観察できる霧箱を準備しました。そして、午前中に採取した池田ラジウム鉱泉のラドンを霧箱の中に入れ、霧箱の中にできる飛行機雲のような放射線の軌跡を観察しました。部屋を暗くして懐中電灯で照らすと、いくつも細く伸びる白い軌跡を見ることができました。観察した軌跡のうち、太い線はアルファ線、細い線はベータ線の跡なのだそうです。みんなは放射線を目で観察できることに驚きつつ、不思議な現象に見入っていました。
 最後に矢田研究員から、放射線は自然界ではふつうに存在すること、使い方によっては必ずしも危険ではなくさまざまな分野で利用されていることを学びました。

PA223768PA223795

 

14:40~15:10 三瓶の自然観察
ここからは、今年度3回目となる樹木のヤマボウシの観察を行いました。10月のヤマボウシは紅葉が始まっていました。雨天だったため館外には出ず、室内であらかじめ取っておいた枝の観察を行いました。枝の間にある芽を観察し、ヤマボウシで2タイプの芽が見られること、1つは来年花と葉になる芽、もう1つは葉になる芽であることを教わりました。小さいですが、すでに小さな来年の芽がちゃんと準備されていることがわかりました。

IMGP5390IMGP5396

 

15:10~16:00 活動のまとめ
 今回の活動を活動報告にまとめて、感想を発表してもらいました。放射線は怖いと思っていたけど、身近なものであること、人の役に立っていることも多いことなど学ぶことが多かったようです。

 次回の第5回活動は11月5日(日)、今年度の最後の活動になります。集合場所は三瓶自然館サヒメルです。三瓶山では紅葉が見頃となる時期ですが、朝晩は冷え込むこともありますので暖かい服装で11月の活動に備えましょう。

第5回の活動日 11月5日(日)10:00~16:00
         集合場所:三瓶自然館サヒメル

第3回活動 火力発電の仕組みを探ろう

概要

日  時 2017年9月24日(日) 10:00~16:30
活動場所 三隅火力発電所(浜田市三隅町)
参 加 者 15名(7名欠席)
活動内容 今回はサヒメルを出て、火力発電所の見学に出かけました。隊員はサヒメルのバスに乗って移動し、みんなで浜田市三隅町にある三隅火力発電所を訪れました。現地では、施設の職員の案内により普段は入れない施設内に入り、巨大な発電装置や中央制御室などを見学し、さらには発電所の屋上にのぼって上から眺めながら、施設全体の様子について説明を受けました。その後、室内で発電の仕組みについての実験で学び、今回の活動が終了しました。

活動報告

10:00~12:00 サヒメルバス乗車、発電所へ移動
 第3回の活動開始です。今回はサヒメルから出て、浜田市三隅町にある日本で最新の設備を有する三隅火力発電所の見学です。大田市と江津市の道の駅で隊員がバスに乗り込み、火力発電所まで移動しました。途中、江津市では風力発電の立ち並ぶ景色を眺めながら予定通り、12時に発電所に到着しました。

image001image005

 

12:00~13:00 昼食休けい
 天気がよかったので、発電所敷地内にあるふれあい広場で昼食休けいをとりました。広場にはオーストラリア産の石炭が設置してありました。みんなは火力発電所の原料となる石炭の実物に興味津々でした。長く屋外に置いていたためか、表面は亀裂が入り、手でも簡単にはがれて割れてしまうほどでした。

image011image019

 

image024image026

 

13:00~14:30 三隅火力発電所の見学
午後からは、発電所の見学です。2名の発電所のスタッフが施設内の案内をしていただきました。施設内は広いため、サヒメルのバスでの移動です。発電所入口に到着すると、隊員は2グループに分かれて、発電所内を見学しました。
 説明では、火力発電所の燃料である石炭は、主にオーストラリアから長さ200mを超える巨大な専用の船で片道2週間かけて運んでいること、発電所では1日8,000トンもの石炭を使用し、毎日100万キロワットの発電をしていること、環境への配慮として一緒に草木チップも燃料としていることなどの話がありました。大きなタービンなどを見学し施設の屋上に上がると、東京ドーム15個分とされる広大な敷地が見渡せました。
 見学後はふれあいホールに移動し、発電の仕組みを学ぶため実験装置を使って水蒸気でタービンが回り発電する様子を見せていただきました。最後に職員に質問をして見学は終了しました。
 

image031image035

 

IMGP5225IMGP5245

 

image040image050

 

image052image058

 

IMGP5273IMGP5269

 

14:40~16:30 サヒメルバス乗車、発電所出発、
 サヒメルバスに乗って、施設の職員に見送られ発電所を後にしました。今回はまとめをする時間がとれなかったため、次回までの課題は今回の活動を報告用紙にまとめてくることになりました。次回の活動までに活動内容をまとめてきてください。
 三隅火力発電所の発電施設には一般の方は入れませんが、展示施設のあるふれあいホールの見学は誰でも可能な上(月曜休)、土曜日には解説も受けられるそうです。今回はふれあいホールの見学時間があまりなかったので、興味を持った人はぜひ家族で見学に出かけてみましょう。

IMGP5213IMGP5262

 

 次回の第4回活動は10月22日(日)。集合場所は三瓶自然館サヒメルです。三瓶では少しずつ紅葉が始める時期になります。暖かい服装で10月の活動に備えましょう。

.
第4回の活動日 10月22日(日)10:00~16:00
         集合場所:三瓶自然館サヒメル

第2回活動 風と風力発電との関係を探ろう

概要

日  時 2017年6月11日(日) 10:00~16:00
活動場所 三瓶自然館サヒメル、北の原
参 加 者 18名(4名欠席)
活動内容 第2回の活動。最初に前回欠席の3名に隊員証を渡し活動開始。まずは野外に出て、前回に続いてヤマボウシの花の観察し、小さな花が集まってできているヤマボウシの花の構造と前回との変化を観察しました。その後は、風力発電について調べたことを発表と風力発電装置の組み立てに取り組みました。   午後からは、隊員がそれぞれデザインした風力発電用の羽を作成し、完成した羽を発電装置につけ発電量を測定し、羽の形と風力発電との関係について体験しながら学びました。最後に探険隊の活動を活動日誌にまとめ、感想を発表しました。

活動報告

10:00~10:40 始まりの会、三瓶の自然観察
 第2回の活動開始です。前回欠席だった3名に隊員証を配布して、活動開始です。まずは前回に続いてヤマボウシの花の観察です。1ヶ月経って、花がどのように変化したのか観察しました。あいにく雨が強く傘を差しながらの短時間の観察となりましたが、色や形の変化を記録しました。
 花の中には前回は見えなかったおしべやめしべが確認でき、それが1つの花の中にいくつも並んでいたことから、ヤマボウシの1つの花に見えたものがタンポポなどと同じ実は花の集まりであることを学びました。

IMGP4761

P6103068

 

10:40~12:30 風力発電装置を作ろう
IMGP4765
 ここからまずは風力発電装置作りに挑戦です。1人ずつキットを作っての工作ですが、銅線をうまくつないで、モーターとの配線を間違えないように作るのが、失敗しやすい重要なポイントです。その部分が少し難しかったと思いますが、みんなが頑張って時間内に完成させることができました。風車が回ることで発電し、赤い豆電球が光るというシンプルな風力発電装置で、完成させた後、ちゃんと発電してランプが光るかどうか確認しました。
 かなり回転しないと豆電球を光らすことができないことに驚いている隊員も多かったようです。

12:30~13:15 昼食休けい

13:15~14:30
オリジナルの羽作りに挑戦
午後からは、午前中に作成した発電装置に付けられるオリジナルの羽作りに挑戦です。
4枚羽という条件の下、各自が作りたい風力発電用の羽をデザインし、自分たちで作成します。竹ひごと型紙を使って、羽の形や大きさをさまざまに工夫し、みな思い思いの羽を作成しました。
 合わせて、前回に出していた課題についても発表してもらいました。特に風力発電以外の発電方法については、よく知られている火力、原子力、水力以外にもさまざまな発電方法があることを調べて発表してくれました。発電方法にはさまざまな方法がありますが、それぞれメリットとデメリットがあることも学びました。
IMGP4768IMGP4770
 

14:30~15:10 作った羽で風力発電させてみよう
 作成したみんなの羽を使って、テスターを使いどれくらい発電するのかを測定しました。よく回る羽からあまり回らない羽などさまざまでしたが、みんなどれくらい回るのか興味津々で、1つずつ羽をセットし測定結果が出るたびに一喜一憂していました。いろんな羽の回り方を見ていくうちに、羽がよく回るには羽の形だけじゃなく、角度も大きく関係していることに気づき、後半になると回りそうな羽と回らなさそうな羽を予想しながら、測定していました。

P6113142IMGP4772

 

15:10~16:00 今日の活動のまとめ、次回の活動紹介
 今日の1日の活動を活動日誌に記入し、感想を発表して第2回の活動が終了しました。感想では、風と羽の形状が羽の回転に大きく関係していること、もっとちがう形の羽ならどんな風に回るのだろう、別の羽を作って試したいなどの意見がありました。興味がある人は、ぜひ新しいオリジナルの羽を作って試してもらえればと思います。

 次回の第3回活動は9月24日(日)です。集合場所など通常と異なりますので、プログラムをしっかり確認してください。次回の活動に関する宿題も出ていますので、次の活動日までに準備して9月の活動に備えましょう。

.
第3回の活動日 9月24日(日)10:00~16:30
         集合場所:道の駅ロード銀山(大田市久手町刺鹿1945-1)