サヒメル科学探検隊

お問い合わせは0854-86-0500まで

活動報告

第2回「風力発電づくりに挑戦しよう」

概要

日  時 2014年6月15日(日)10:00~16:00
活動場所 三瓶自然館サヒメル
参 加 者 13名(欠席2名)

午前中に風力発電の装置をつくり、午後からは各自で羽の大きさや形を工夫して、よく回る(よく発電する)羽を作ることに挑戦しました。羽の回転で起こる電圧量を測定し、自分たちの考えた羽の性能を確かめました。その後、測定結果からもっとよく回る羽の形を考え、さらに工夫した羽を作り、羽の形だけでなく傾きも羽の性能に大きく関係することを体験しました。

活動内容

10:00~10:30 事前発表
 前回の課題で出た、風力発電以外の自然エネルギーを使った発電方法と、風力発電でたくさん発電をする方法についてみんなに発表してもらいました。たくさんの発表があり、発電には、風や水、太陽、波などさまざまな自然の力を使った方法があること、風力発電には風向きや風車の大きさ、設置場所などが関係していることを学びました。

P1000923 P1000836

 

10:45~12:30 風力発電装置づくりと羽の設計
 発電キットの作成です。説明書を見ながら、風力発電装置を作りました。完成すると風車の発電で付属の発光ダイオードが光ります。導線をつなぐのに苦労する人もいましたが、みんな無事に完成することができました。
 その後、自分たちで作るオリジナルの羽の形や特徴を考え、みんなの前で発表しました。

P1000854 P1000866

12:30~13:15 昼食休けい

13:15~14:30 オリジナルの羽をつくろう①
  午前中にみんなが考えた羽を作りました。材料は厚紙と竹ひご、ボンド、1cm角のバルサ材です。それぞれが羽の形や向きなど工夫した羽を作った後、発電キットに装着し、送風機の前でどのくらい回って発電するかテスターを使って電圧を測定しました。

P1000903 P1000911

 

14:30~15:30 オリジナルの羽をつくろう②
 1回目に作った羽の結果をふまえて、2回目の羽作りに挑戦しました。1回目に作った羽を少し改良して挑戦する人や新たにちがう形の羽を試みる人など、各自でさまざまな羽を作り、どれくらい回るのが測定しました。1回目よりよく回る羽を作れた人もいました。

P1000918 P1000919

 

15:30~16:00 まとめ
 みんなでいろんな羽を作成した結果、どんな羽がよく回るのか(もしくは回らないのか)考えて、発表してもらいました。実際に試してみると、羽の大きさや形だけでなく、風を受ける羽の角度も深く関係していることに気づいた人も多くいました。風車がよく回るためには、いくつもの要因が関係していることがわかってもらえたようです。
 次回は9月、ダンゴムシを題材に活動します。ダンゴムシに関する課題も出ていますので、次回までに調べてきましょう。

 

保護者の方の感想

  •  家に帰ってからも扇風機に当てて発電させていました。自分で作った羽根が発電せず、角度を変えたりして挑戦してました。
  • 風力発電の羽根の形で実験では発電しなかった形のものが、実際には使われていると疑問を感じていました。
  • プロペラを改良して、成功したと喜んでいました。自分の力で考えながら形にしていくことの楽しさを感じているようでした。次回も楽しみにしています。

第1回「サヒメル探険/野外生物調査に挑戦」

概要

日  時 2014年5月18日(日)
活動場所 三瓶自然館サヒメルと野外(北の原)
参 加 者 14名(1名欠席)
 午前中は自己紹介をした後、サヒメルの裏側(バックヤード)を見るサヒメル探険をして、ビジュアルドームの操作や仕組み、博物館の収蔵庫の特徴を学び、内部を見学しました。午後は野外生物調査の方法の1つ、コドラート法という調査法をみんなで行って、北の原にいるアリの数の推定に挑戦しました。

活動内容

10:00~10:30 みんなの自己紹介と隊員証配布
 サヒメル科学探険隊の紹介を皆木隊長から行った後、みんなが1人ずつ自己紹介し、1人1人隊員証をもらって正式にサヒメル科学探険隊のメンバーになりました。
P1000633 P1000643

 

10:30~10:50 探険隊ワークシート
 企画展示室に移動し、島根県で数が少なくなったり、絶滅してしまった生き物の展示を見て、ワークシートを解きました。採集禁止になっている生きものやコウモリの超音波を聞く装置にはみんなが興味をもったようです。
P1000661 P1000670

 

10:50~12:30 サヒメル探険
 サヒメルの展示室とプラネタリウムドーム、普段来館者が入れない、サヒメルの裏側(バックヤード)を見学しました。たくさんのはく製だけでなく、はく製の置いてある特別な部屋(収蔵庫)の構造も印象に残ったようです。
P1000681 P1000690

 

12:30~13:15 昼食休けい

13:15~15:00 野外生物調査に挑戦
  野外での生物調査開始です。今回は三瓶山北の原にいるアリの数を推定してみました。まず、調査前にアリの数を予想してもらい、その後コドラート法を使った個体数の推定方法を説明しました。北の原で2班に分かれて、みんなで50cm枠内にいるアリの数をかぞえ、その後、部屋に戻って計算しました。推定で出した数は3,090,600匹でした。
P1000725 P1000733

 

15:00~16:00 まとめ

 サヒメルの板倉館長から、科学とサイコロの出る数字の確率に例えた「自分で試してみることの大切さ」についてお話がありました。この後、今日の活動の内容と感想をかいて、そして最後にスタッフから次回の活動「風力発電」の紹介と風力発電に関する宿題が配られました。次回も自分で「試す」体験です。しっかり宿題をして、次回もがんばりましょう。

P1000723

活動後の保護者からの声

  • 一日の活動を嬉しそうに話していました。特に『アリを数え、北の原全体で何匹か』について詳しく話していました。算数に出てくる問題を実際にやってみるということが、とても興味深い様子でした。
  • サヒメルの普段は入れない場所に入り、たくさんの動物を見たことを誇らしげに話してくれました。アリの数を数えたこと、新しい友達ができたこと、貴重な体験ができ、親子共々、参加して良かったと話しています。
  • 「科学を応用すると社会に役立てられるのかも」と、今回の活動後に気づきを得てきているような印象を受けます。純粋に「好き」という気持ちだけでなく、幅広く科学に興味を持ち始めていることに親としては感激を覚えます。
  • 6時間というゆったりとした時間の中で、子ども達ものびのびとじっくり活動に取り組めるので嬉しく思います。