サヒメル科学探検隊

お問い合わせは0854-86-0500まで

活動報告

第4回「クマムシを探せ!/月食を学ぼう」

概要

日  時 2014年10月4日(日)10:00~16:00
活動場所 三瓶自然館サヒメル
参 加 者 11名(欠席4名)

 顕微鏡の使い方を学び、各自で採取してきたコケを使って、クマムシなどのコケの中の小さな生きものを観察しました。その後、今月起こる月食について、その仕組みと何時頃どのように見えるのか、観察のポイントを学びました。

活動内容

10:00~10:30 事前課題の発表
 前回の課題であったクマムシがどんな生きものなのか、調べてきたことを発表しました。クマムシは緩歩(かんぽ)動物という仲間になること、緩歩とはクマムシがゆっくり歩く様子から付けられたこと、大きさは50μmから1.7mmとごく小さな生きものですが、高温や低温にも強く、電子レンジや宇宙空間でも生きていたことなどの発表がありました。

P1020482 P1020485

 

10:30~11:00 コケの中の生き物観察①
 各自で取って来たコケから生きものを見つけるために、まずペットボトルを加工してコケから生きものを集める装置を作りました。その後、水を入れてコケをつめて装置の完成です。このまましばらく置いて、午後から生き物を観察します。
P1020492 P1020490

 

11:00:~12:00  コケの中の生きもの観察②
 これからの観察の方法の説明を受けた後、午後に使う顕微鏡の使い方を実際に使って学びました。使用した顕微鏡は倍率20倍でかなり大きく見えますが、これでもクマムシを見るにはぎりぎりの倍率です。

P1020497 P1020496 

 

12:00~12:45 昼食休けい

12:45~13:45 コケの中の生きもの観察③
  午前中にコケをセットした装置から、水中に沈んだ土や砂と一緒にスポイトで吸い取り、顕微鏡の下で生きものがいないか探しました。最初ははなかなか見つけられませんでしたが、レンズの向こうでわずかに動く生きものを見つけると歓声があがりました。自分のコケからはあまり生きものが見つけられなかった人もいましたが、みんな自分で生きものを見つけることができました。念願のクマムシも2種類はいたようです。

 P1020508 P1020502

 

13:45~14:15 まとめ①
 みんなの感想から、わずかなコケの中にとても小さな生きものがたくさん暮らしていることが印象に残ったようです。また、クマムシがいたコケ、見つからなかったコケの違いについても考えて、発表しました。

 P1020518 P1020520

 

14:15~15:15 月食を知ろう
 今月8日夜に起こる皆既月食について、天文隊長の竹内さんと一緒に学習しました。よく似た仕組みで起こる日食と合わせて、太陽と月、地球の位置の関係を学び、最後に月食の観察用紙をいただきました。観察できた人はぜひ、観察結果を記入して提出してください。

P1020535 P1020531

 

15:15~16:00 今日のふりかえりと次回の案内
 次回は11月、5回目の活動で今年度は最終回となります。これまでのサヒメル科学探険隊の活動をみんなでまとめて、館内に掲示します。課題も出ていますので、次回の活動日までに考えてきてください。

保護者の方の感想

  •  毎回とても楽しそうに参加して、帰ってくると、自慢げに知ったことを話してくれます。
  • 苔の中の生物、月食について学んだことを、そのまま講義してくれました。初回から、探検隊の日は、持ち帰った資料や、図鑑、百科事典をフル活用して、講義をしてくれます。親子で学ぶことができて楽しいです。
  • 今年も活動に参加させていただいたこと、月1で町を離れることによることにより、自然の中へ導いてくださるきっかけさえもくださったサヒメル科学探検隊事業に感謝しています。本当にありがとうございます。

第3回「ダンゴムシのひみつをさぐろう」

概要

日  時 2014年9月7日(日)10:00~16:00
活動場所 三瓶自然館サヒメル
参 加 者 14名

 午前中にダンゴムシとワラジムシを各自採集し、ダンゴムシのスケッチや体のつくりを観察しました。その後、実験に使うダンゴムシ用の迷路を作り、午後からはダンゴムシとワラジムシを使って、迷路をどのように移動するのか、その結果を記録しまとめました。実験結果から、歩き方の傾向とその理由をみんなで考えました。

 

活動内容

10:00~10:30 事前発表

 前回の課題で出た、ダンゴムシの仲間やその特徴について発表してもらいました。ダンゴムシの脚の数はふつう14本、近い仲間にはワラジムシやフナムシがいることなどの発表がありました。

 P1000841 P1020016

 

10:30~11:30 
野外でダンゴムシを見つけよう・ダンゴムシのスケッチ

 野外に出て、ダンゴムシとワラジムシを探しました。意外に見つからず、苦労した人も多かったようです。見つけた後はルーペを使って観察しながらスケッチをしました。小さいながらも目があることなどを確認しました。

P1020017 P1020037

 

11:30~12:00  迷路作り

 各自が型紙を切って、T字路が2回続くダンゴムシ用の迷路を作りました。午後に使うこの迷路は今回のお土産です。

P1020053 P1020052 

 

12:00~12:45 昼食休けい

 

12:45~13:30 ダンゴムシのひみつをさぐろう①

  午前中にみんなが捕まえたダンゴムシを使って、迷路を歩かせる実験をしました。中にはカベを登ってしまうダンゴムシもいましったが、実験の結果を班でまとめて発表すると、いずれも右左、もしくは左右と交互に曲がって歩いていることがわかりました。

P1020064 P1020074

 

13:30~14:30 ダンゴムシのひみつをさぐろう②

 さらにワラジムシをつかって、同じ実験をやってみました。ほとんどがダンゴムシと同じように左右交互に曲がって出口に向かうことがわかりました。

P1020098 P1020101

 

14:30~15:00 まとめ・企画展見学

 みんなで上手に実験ができたため、きれいな結果が出ました。なぜそうなるのかについては、「アリから逃げるのに都合がよいのでは?」とか「同じところをまわらなくてすむ」などの意見がありました。実際、ダンゴムシは昼間でも暗いところで見つかり、目も小さかったことから、歩き方を決めていることは何か理由がありそうです。これを機会に、身近なダンゴムシの不思議にもさらに興味を持ってもらえたらうれしいです。その後、9月末で終了する夏の企画展「さんべ大昆虫展」を見学して、本日の活動を終了しました。

P1020083 P1020134

 次回の第4回は10月、不思議な生物として知られるクマムシをテーマに活動します。クマムシに関する課題も出ていますので、次回までに調べてきましょう。

 

保護者の方の感想

  • 久しぶりの探険隊ということで、とても張り切っておりました。昨年の夏休みの課題は月の観察で、子どもも親も頭を使いましたが、今回は身近なダンゴムシだったので、自力で調べることができて満足そうでした。
  • いつもありがとうございます。宇宙や星ばかりが好きですが、こうして知識が増えていくのが、親子共々嬉しいです。
  • サヒメルから持ち帰ったダンゴムシをケースに入れて買っています。キンモクセイの落ち葉を入れましが、食べた形跡がなく、キャベツを入れてみたり、煮干しを入れてみたり試行錯誤しています。とても楽しそうです。
  • グループで実験結果をまとめた様子を、資料で見せて説明してくれました。夏休みの研究で、実験を表にまとめる作業を経験した直後のまとめ学習だったこともあり、次回の自由研究に生かすことができるねと話していました。
  • 次回のクマムシについて「どんな虫なんだろう!?」と期待していました。